SDGsって知ってる?ランナーはSDGsに取り組んでいた

スポンサーリンク

みなさんこんにちは

SDGsってご存知ですか?

サステナビリティ・ディベロップメント・ゴールズ

という17個の目標課題を掲げ

「社会」「経済」「環境」の観点から

2030年までに持続可能な社会を世界レベルで実現することを目指した取り組みです

ではどのようなものなのか詳しく説明していきます。

SDGs17個の説明

SDGsのポスター

1.貧困をなくそう

あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

2.飢餓をゼロに

飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、

持続可能な農業を推進する

3.すべての人に健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

4.質の高い教育をみんなに

すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、

生涯学習の機会を促進する。

5.ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

6.安全な水とトイレを世界中に

すべての人に水と衛星へのアクセスと持続可能な管理を確保する。

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに

すべての人々に手ごろで信頼でき、

持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する。

8.働きがいも経済成長も

すべての人のための持続性、包摂的かつ持続可能な経済成長、

生産的な完全雇用及びディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)

を推進する。

9.産業と技術革新の基盤を作ろう

強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、

技術革新の拡大を図る

10.人や国の不平等をなくそう

国内および国家間の格差を是正する

11.住み続けられるまちづくりを

都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

12.つくる責任つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

13.気候変動に具体的な対策を

気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策をとる

14.海の豊かさを守ろう

海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、

持続可能な形で利用する。

15.陸の豊かさも守ろう

陸上生態系の保護、回復および持続可能な

利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、

土地劣化の阻止および転機、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

16.平和と公正をすべての人に

持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、

すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、

あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

17.パートナーシップで目標達成をしよう

持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップ

を活性化する。

各種まとめ

1から6がライフラインに関する呼びかけ

7から12が住みやすいまちづくりに関する呼びかけ

13から17が環境に対する呼びかけになっています。

ランナーが取り組めるSDGs

実は、ランナーにもできるSDGsがあります。

靴の再利用

ランナーが履きつぶした靴は実はまだ世界では需要があります。

私が実業団時代にケニア人のランナーがいたのですが、

自分が履きつぶした靴を捨てようとしたときに

くれ!!と言ってきました。

ケニアでは靴もなく裸足で生活をしているらしいです。

そのような子に靴をとどけるのだと言っていました。

履きつぶした靴は捨てるのではなく再利用してもらえる方が

環境にも社会貢献にもなりますよね。

移動手段

ランナーは車や公共交通機関を使わないことが多いのではないでしょうか?

移動は徒歩か自転車またはランニング、これはSDGs観点から言ったら環境に配慮している取り組みといえます。

走ることで健康を保ち、環境にも貢献する。

ただ走るだけではない付加価値がこの国際目標が証明していますね。

服や靴でも古いものを新しくしている商品などもありますよね

アディダスでは100%リサイクル可能なランニングシューズを発売しています。

アディダスフューチャークラフトHP:https://shop.adidas.jp/futurecraft/

商品紹介

みんなで取り組むSDGs

やはり聞いたことはあってもなかなか取り組めていない

現状があるのではないでしょうか?

私が考えている案では

大会などの参加料を履きつぶした靴や服を持ってくることで

安くしたり無料にしたりする取り組みをして

集めた靴を発展途上国の子供たちに贈る取り組みです。

この取り組みは社会のためにもなるし、ランナーの価値を上げる取り組みにもなると思います。

競技人口が多いというメリットを生かしてランニングというコンテンツで

2030年までに住みやすい世界を目指しましょう。

走って健康、世界に貢献!!!

ランナー最強(笑)

まとめ

一見難しそうな取り組みでも

自分事でとらえ、貢献できると考えると

とても身に入りやすいです。

一人では小さい事でもみんなで協力すれば大きな力になります。

明るい地球を作っていきましょう。

最後まで読んでいいただきありがとうございました。

コメント

  1. まるまるこ より:

    SDGs初めて知りました。自分に出来る事を少しずつでもして行けたらと思います。いろいろな大会とかで不要になった靴や服などを集めるっていいと思います!こういう取り組みをもっと広めて行きたいですね😊

  2. 西村孝紀 より:

    SDGs初めて知りました。とても素晴らしい取り組みだと共感しました。ホント小さな積み重ねが発展途上国の方々には有難いことなので応援します!

    • naonaonaoppo naonaonaoppo より:

      ありがとうございます。
      自分も去年初めて知りました。
      まずは知ることが大事です。
      コメントありがとうございました。