東京オリンピック2020 ウガンダチームの10000mの作戦解説

スポンサーリンク

7月30日(金)20時30分から男子10000mの決勝が行われました。

1位:バレガ選手 27分43秒22(エチオピア)

2位:チェプテゲイ選手 27分43秒63(ウガンダ)

3位:キプリモ選手 27分43秒88(ウガンダ)

17着:相澤晃選手 28分18秒37

22着:伊藤達彦選手 29分01秒37

今回は7月30日のレースの各国の作戦やレース後の声を

WORLDATHLETICSの記事から紹介したいと思います。

参考サイトWORLDATHLETICS:https://www.worldathletics.org/competitions/olympic-games/news/tokyo-olympic-games-men-10000m-report

全文翻訳

セレモン・バレガは男子10,000mでエチオピアの優位性を取り戻し、

最終ラップで前線に突っ込み、ウガンダのお気に入りを2回抑えて

金曜日(30)に東京オリンピック初の陸上競技金メダルを獲得しました。

20歳のバレガは、世界記録保持者のジョシュア・チェプテガイと

世界首位のジェイコブ・キプリモの後半の挑戦を阻止し、

27:43.22でメジャー初優勝を果たした。

バレガの勝利は、20年以上にわたり25周のイベントを支配していた

エチオピアに償還をもたらしました – ハイレ・ゲブレセラシーは1996年と2000年に連覇し、

ケネニサ・ベケレは2004年と2008年に連勝を収めました。

イギリスのモ・ファラは2012年と2016年に男子5,000mと10,000mを圧倒したが、

東京大会の出場権を得られなかった。

「我々が10,000mの大会で優勝していることは非常によく知られています」とバレガは言いました。

「ケネニサが最後に優勝して以来、金メダルを取ることができなかった。私は非常に誇りに思っています。

それは私にとって大きな意味を持っています。

「将来も以前の同僚のように歴史を作りたい」と彼は言った。

「また、このオリンピックでもっと多くのことを成し遂げるために、とても期待しています」

ドーハで開催された2019年世界陸上競技選手権大会で5000mで銀メダルを獲得したバレガは、

まだ東京で5000mを走るつもりだと語った。チェプテゲイとキプリモも5000mに入ります。

世界10,000m王者のチェプテゲイは金曜日の27:43.63で初のオリンピックメダルを獲得しました。

キプリモは27:43.88に銅メダルを獲得し、

ウガンダがオリンピックで2人の選手を表彰台に上がったのは初めてでした。

チェプテガイは昨年、ベケレの世界5000mと10,000mの世界記録を破ったが、

今年はより長い距離を走っていなかった。

一方、20歳のキプリモは5月に世界トップの26:33.93をクロックし、

2008年以来2番目に速いタイムをマークし、世界歴代7位に入った。

だから、ウガンダ人が勝つために選手として入ってきた間、

それは夜に完璧に彼の走りを計ったのはバレガでした。

もう一人のウガンダ人、スティーブン・キッサは、ウガンダチームの戦略の一環として、

異なる段階でパックから40メートルと10秒以上離れて、早いペースを設定しました。

しかし、バレガとケニアのローネクス・キプルトが最終的に彼と一緒に引っ張った後、

キッサは9周で脱落した。

「それはチームにとって犠牲だった」とキッサは言った。

「速いレースにする計画があった。私は彼らが私に従うつもりだと思ったが、

私が周りを見たとき、彼らはそこにいなかった。チームメイトは後ろに残った。

彼らはそれができませんでした。

キプリモは、キッサのペースメイキング戦略はうまくいかなかったと言いました。

「彼はペースを押そうとしていた、多分少し速すぎた」と彼は言った。

「少し暑くて、少し湿度が高すぎます。だから我々はペースに従わなかったのです」

キプルトはチェプテガイが4周でわずかに前に引っ張ってもう一人のケニア人、

ロジャース・クウェモイが肩に掛けるまでリードを保持した。

カナダのモハメド・アーメドは2周目から最後のラップで前線にブレークしたが、

ペースを維持できなかった。

ベルラップが走り、振り返ることはなく、バレガはリードに戻った。

チェプテゲイとキプリモは約200mでキックを開始した。

チェプテゲイは残り20メートルでキプリモを通過し、

バレガで閉じたが、それは十分ではなかった。

チェプテゲイはその結果について哲学的だった。

「私は金メダルを期待してここに来ましたが、誰かがどのように準備したか分からないし、

表彰台に上がる最高の機会を得たことを感謝し、感謝する必要があります」と、彼が言いました。

チェプテガイは、アキレス腱の怪我と大会へのビルドアップにおける

モチベーションの欠如に悩まされたと語った。

「今年はレースの面で私にとって本当に非常に困難な年でした」と、

彼が言いました。「私がすべての焦点、すべての信念を失った年です。

プレッシャーが大きくて、その瞬間に負けていました」

バレガにとって、勝利はチェプテゲイの世界記録を奪うというもう一つの目標を彼に与えた。

「それが私の主な目標です」と、彼が言いました。「将来、記録を破りたい」

キッサ選手の走りはウガンダチームの作戦

もう一人のウガンダ人、スティーブン・キッサは、ウガンダチームの戦略の一環として、

異なる段階でパックから40メートルと10秒以上離れて、早いペースを設定しました。

しかし、バレガとケニアのローネクス・キプルトが最終的に彼と一緒に引っ張った後、

キッサは9周で脱落した。

「それはチームにとって犠牲だった」とキッサは言った。

工藤の感想

この文からチームとして戦っていると感じました。

高いレベルの争いになるとチームとして勝つための戦略を練ってスタートしていることがわかります。

現在の日本チームではここまでの余裕はなく

ついて行くことしか考えていないと思います。

やはり世界の壁は厚い。

チームの裏切り?

キッサ選手のペースメイクに対する声

「それはチームにとって犠牲だった」とキッサは言った。

「速いレースにする計画があった。私は彼らが私に従うつもりだと思ったが、

私が周りを見たとき、彼らはそこにいなかった。チームメイトは後ろに残った。

彼らはそれができませんでした。

キプリモ選手のペースメイク対する声

キプリモは、キッサのペースメイキング戦略はうまくいかなかったと言いました。

「彼はペースを押そうとしていた、多分少し速すぎた」と彼は言った。

「少し暑くて、少し湿度が高すぎます。だから我々はペースに従わなかったのです」

工藤の感想

勝負事の作戦なのですべてがうまくいくとは思いませんが

チームが後ろにいないのを考えるとキッサ選手精神的にきつかっただろうと思います。

世界記録保持者チェプテゲイ選手はなぜ負けた?

チェプテゲイはその結果について哲学的だった。

「私は金メダルを期待してここに来ましたが、誰かがどのように準備したか分からないし、

表彰台に上がる最高の機会を得たことを感謝し、感謝する必要があります」と、彼が言いました。

チェプテガイは、アキレス腱の怪我と大会へのビルドアップにおける

モチベーションの欠如に悩まされたと語った。

「今年はレースの面で私にとって本当に非常に困難な年でした」と、

彼が言いました。「私がすべての焦点、すべての信念を失った年です。

プレッシャーが大きくて、その瞬間に負けていました」

工藤の感想

レース面で困難な年となっているのに銀メダル。

万全の状態だった時にどのような走りをしていたのでしょうか?

まとめ

昨日のレース作戦だとは思いませんでした。

また、チームの裏切りという面も新鮮でした。

もう一度10000mを見直したいと思います。

コメント