宿題ガントチャートの続き

スポンサーリンク

みなさんこんにちは

計画を立てるよりとりあえず行動する派です。

みなさんはどうですか?

ですが、長期的な目標を達成するには

計画を立てて過程をチェックしながら進めたほうが生産性があがりそうな気もします。

モチベーションの維持、レベルのチェックにガントチャートは最適だと感じました。

私はコミュニケーションが苦手で”ほうれんそう”といわれる

報告:連絡:相談がとっても苦手です。

ですが、今回ガントチャートを知りこのツールを利用することで

業務の進捗を伝えやすくなると感じています。

前置きが長くなりましたが、前回の宿題

ガントチャートのグラフ部分の謎を解いていきます。

ガントチャート、グラフの謎を解く

下図のI列11行目に入っている関数

=IF(AND($C11=”目標”,I$7>=$F11,I$7<=$F11+$G11-1),2,IF(AND($C11=”マイルストーン”,I$7>=$F11,I$7<=$F11+$G11-1),1,””))

前回紹介したExcelのガントチャートグラフ蛍光マーカーの部分の謎を解いていきたいと思います。

Iの11のセルには3つの式が組み込まれています。

=IF(AND($C11=”目標”,I$7>=$F11,I$7<=$F11+$G11-1),

2,

IF(AND($C11=”マイルストーン”,I$7>=$F11,I$7<=$F11+$G11-1),1,””))

(AND($C11=”目標”,I$7>=$F11,I$7<=$F11+$G11-1)

論理式といわれる部分

2,

値が真の場合

IF(AND($C11=”マイルストーン”,I$7>=$F11,I$7<=$F11+$G11-1),1,””)

値が偽の場合

IF関数AND関数を調べたのですが

説明が難しいので今回は省きます

参考資料:IF関数にANDやOR関数で複数条件を設定[Excel・エクセル] (becoolusers.com)

なので、このグラフの仕組みがどうなっているのかを説明したいと思います。

グラフの説明

ホーム→条件付きの書式→ルール管理を使用する

ルールの管理をクリック

グラフが示す数式

=$I$7:$BL$36

=$I10:$BL$35

緑点々の部分(=$I$7:$BL$36)この部分の適用先を参照

アイコンが示す数値

=IF(AND($C10=”目標”,I$7>=$F10,I$7<=$F10+$G10-1),2,IF(AND($C10=”マイルストーン”,I$7>=$F10,I$7<=$F10+$G10-1),1,””))

赤色部分が反応しているアイコン(ダウンロードExcel資料:目標・マイルストーン部分)

=IF(AND($C10=”目標”,I$7>=$F10,I$7<=$F10+$G10-1),2,IF(AND($C10=”マイルストーン”,I$7>=$F10,I$7<=$F10+$G10-1),1,””))

赤色が示す範囲(低リスク:中リスク:高リスク:割り当てなし)

実際に変えてみよう

1.ルールの削除で入っているデータを消す

2.新しいデータを入力

=IF(AND($C10=”なおき”,I$7>=$F10,I$7<=$F10+$G10-1),2,IF(AND($C10=”頑張るなおき”,I$7>=$F10,I$7<=$F10+$G10-1),1,””))

今回は(なおき:小なおき:中なおき:高なおき:頑張れなおき:割り当てなし)の6つを作ります。

数式を使用して、書式設定するセルをクリック(青い部分)

2.数式を入力し色分けしたい言語を入れる。

AND($C10=”高なおき”,I$7>=$F10,I$7<=$F10+$G10-1),

AND($C10=”中なおき”,I$7>=$F10,I$7<=$F10+$G10-1),

AND($C10=”小なおき”,I$7>=$F10,I$7<=$F10+$G10-1),

割り当てなし部分の色分け

=AND(LEN($C10)=0,I$7>=$F10,I$7<=$F10+$G10-1)

LEN関数は、指定したセルに入力された文字列

(全角、半角、スペース、記号含む)の文字数をカウントし、

その結果を表示する関数です。

今回のチャートでは空白で入力したカテゴリを

日数だけをカウントして鼠色で色付けしてくれている。

今日を赤線で協調してくれる数式設定

=AND(TODAY()>=I$7,TODAY()<J$7)

プレビューを空白にする。

色を好きな色にする。

水色の部分をクリックすることで赤線で強調できるようになる。

塗りつぶしは色なし。

アイコンの設定

(なおき:頑張るなおき)

2,IF(AND($C10=”頑張るなおき”,I$7>=$F10,I$7<=$F10+$G10-1),1,””))

2=なおき

IF(AND($C10=”頑張るなおき”,I$7>=$F10,I$7<=$F10+$G10-1),1,””))=頑張るなおき

セルの値に基づいてすべてのセルを書式設定をクリック

>=を選択し数値に2、1を入力、種類を数値へ変更。

これでOK終わり。

完成品

とりあえずスッキリしました(笑)

まとめ

今回は関数などあまり理解せずにシステムをいじってみました。

名前を変えればいいのかと思っていたのですがそのようなことはなく

ところどころ工夫が必要なことがわかりました。

特にグラフ部分のExcelは違う業務でも説明資料として応用できそうだと感じました。

これからもぼちぼちITスキルを付けていきたいと思います。

ガンチャートを利用した計画表早速作ります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメント

  1. みけ より:

    ガントさんこのような凄いものを考案して凄いですよね!
    そして、独学で学ぶ工藤さんもえらい!!!
    せっかくなので、IT資格を取得してみては?ガントチャートは資格勉強の進捗管理にも最適ですね。
    勤務先に資格取得支援制度はありますか?
    仕事に必要なスキルが身につき、費用を支援してもらえ報奨金ももらえるとなると俄然頑張れますよね。私は利用をし損ねてからまだ使ったことありませんが。。。
    作成したガントチャートが業務に役立つと良いですね!

  2. 光咲希 より:

    凄いっ!苦手分野です😅
    頭の中が???でいっぱい😵‍💫←こんな顔になりましたよ笑笑

    Excel苦手意識が強くて放ったらかし😅
    とことん突き詰めて勉強する工藤ちゃん!尊敬します😊
    一応仕事でPC使ってますけど決まった形式の入力だから大丈夫🙆‍♀️
    Excel使う時は3〜4人で知恵を出し合い何とかなってる感じです笑
    もっと勉強しないとなんですけどねー(結局しない私😁)