アボカドの栄養分析

スポンサーリンク

みなさんこんにちは

アボカドは好きですか?

ぐにゅぐにゅとした食感から好みの分かれる食べ物になると思います。

ちなみに私はそこまで好きではないですが、

アボカドを使った料理も作ってみたくなり作ってみました。

その際に栄養についても気になったので今回ブログにまとめたいと思います。

参考文献:健康食品・サプリ「成分」のすべて

アボカド概要

アボカドは樹木です。

果実はよく知られた食品で、カリウムとビタミンDを多く含んでいます。

要説

アボカドは、バナナと比べ、60%以上多くのカリウムを含んでいる果物です。

他の果物よりも脂肪含有量が多い、(1食当たり5g)ですが、

一価不飽和脂肪酸なので、適量を摂取する分には健康とされています。

一価不飽和脂肪酸の効果

・血中総コレステロール値を低下させる。

・高比重リポたんぱく(HDL、善玉)コレステロールの

低比重リポたんぱく(LDL、悪玉)コレステロールに対する割合(HDL、LDL)を高めます。

アドカド効果

・高コレステロール血症

・変形性関節症

アボカド油

・創傷

・感染症

・関節症の治療

・発毛促進

種子・葉・樹皮

・赤痢

・下痢

・日常のスキンケアのための塗り薬

安全性

食品として通常量のアボカド果実を摂取する場合ほとんどの人が安全。

アレルギー

ラテックスアレルギーの人は、アボカドアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

使用量の目安

コレステロールの低下

食事中の他の脂肪摂取量及びカロリー量により、摂取量は変わります。

変形性関節症

アボカドおよび大豆の繊維に付着している油から作られる特定のエキス

(アボカド油不けん化物3分の1、大豆油不けん化物3分の2の組み合わせ)

を1日300㎎摂取します。

アボカド料理

アボカドは脂質が多いです。

アボカド140gの脂質26.18g

鶏肉140gの脂質が19.6g

豚肉140gの脂質が48.44g

鶏肉よりも多く、豚肉よりも少ないという感じでしょうか。

食べる際は脂質が多いことを考慮して食べる必要があります。

私が食べた料理を2品載せたいと思います。

ご飯なし軽めのメニュー

アボカド1個をサラダとして使いました、

ボリュームをつけて食べたいときにおススメです。

腹持ちもあるので安心して食べれます。

故障中やオフ期間などヘルシーにすませたいときに真似してみてください。

ガッツリ栄養満点メニュー

サラダと丼ぶりご飯にアボカドを使っています。

アボカドは脂質が高いので副菜はヘルシーな豆腐、

サラダにはささみを利用しています。

丼はマグロ、卵、アボカド、ゴマ、ネギ、白ご飯を使っています。

一品で簡単に栄養をとれるよう意識しました。

忙しい時にガッツリと食べたいときにおススメします。

注意点は生ものなので内臓疲労している時や、

おなかを壊したら困るときなどは避けるようにしてください。

まとめ

アボカドどうでしたか?

実は今アボカドの栽培も開始しています。

近いうちにブログにあげたいと思います。

栄養が多く、体へいい効果があることが知れました。

ですが、脂肪が多いので食べ過ぎには注意してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。

栄養
スポンサーリンク
シェアする
工藤有生のブログ

コメント