AirPodsProに似たイヤホンがあったので買ってみた。

スポンサーリンク

みなさんこんにちは

イヤホンにこだわりはありますか?

私は特にこだわりはありません。

なので、いつも安いイヤホンを探して買っています。

今回AirPodsProのようなイヤホンを見つけたので購入しました。

性能の違いを本家と比較してみたので参考にしていただけると幸いです。

AirPodsProの性能

参考資料:AirPods Pro – Apple(日本)

抜群の密閉性を生み出せる。

耳にぴったりと当てはまるシリコーン製イヤーチップを3つのサイズで用意

イヤーチップは内部に向けて細くなることで通気孔が圧力を均一にする。

装着時に何もつけていないかのように感じられる。

右がAirPodsPro、イヤーチップが内部に向けて細くなっており、

シリコンの素材にもこだわりを感じる。

雑音を音で消す

アンチノイズ機能が外部の音を消しさり、

内向きのマイクロフォンが耳の内部の不要な音を聞き取り、

それもアンチノイズ機能が取り除く。

ノイズキャンセルだけでも説明が凝っており、

サイトをみて質の高さを再確認しました。

一回の充電で4.5時間、5分の充電で1時間かなりイヤホンとしては

使いやすいのではないかと思います。

つけてみての感想

ノイズキャンセルにはびっくりしました。

ほんとに何もつけていないかのようなフィット性と、

周りの音を遮断する機能、イヤホンの世界が広がりました。

似ている商品の性能

右がAirPodsPro、違いわかりますか?

見た目はAirPodsProそのものであるように感じます。

実際に比較してみても違いがあまりわかりません。

再生時間は5時間とこちらの方が0.5時間多いです。

AirPodsProとの装着時の違い

1.耳が疲れにくい

2.ノイズキャンセル機能が充実している

やはり本家のほうが装着時のストレスは少ないと思います

音を心から楽しみたい人はいいイヤホンをつけることをお勧めします。

ですが、こだわりがない人は似てるほうでもいいかと思います。

値段の違い

・似た方楽天市場価格:2180円

・AirPodsPro(Appleサイト値段):30,580円

ランニング時のストレス

防水対応しているので安心して使えると思います。

ランニング衝撃でイヤホンがずれることもないので特にストレスはないです。

ただ、時計によっては音量調整ができない。

私のガーミンは音量調整できませんでした。

トトロついてきたよ

シリコンイヤーは替えがないです。これは少しびっくりしました。

ですが充電ケーブルはLightningケーブルなのでアイフォンユーザーは

使い勝手がいいのではないかと思います。

トトロの絵には怪しさを感じましたが2180円だったので許しました。

商品紹介

AirPodsPro

似た商品

まとめ

あまりにも似ていたためブログに書きたくなってしまいました。

見た目は本物そっくりだと感じましたが

性能はかなり違いました。

何年後になるかわかりませんが性能のいいイヤホンを躊躇なく

買えるぐらいになりたいなと思います。

コメント