アスリートが考えるリモートワーク

スポンサーリンク

みなさんこんにちは

最近調子はどうですか?

私はかなり元気です。

今回元アスリート選手がリモートワーク化で

どのような一日を過ごしているか

ブログに更新していきたいと思います。

またメリハリのある一日の過ごし方を参考にしていただけますと幸いです。

リモートワーク?テレワーク?

テレワーク、

リモートワーク、

在宅勤務、

耳にしたことがあると思いますが、それぞれ意味が違います。

テレワーク

テレワークは場所時間にとらわれない柔軟な働き方、

リモト―ワーク

リモートワークは従業員がオフィスに出社することなく

遠隔の場所で業務を行うこと意味します。テレワークとほぼ同義

在宅勤務

在宅勤務は自宅で仕事をすること

この説明を見ると在宅勤務のほうが私は当てはまるかもしれませんね。

在宅勤務になってできるようになったこと

在宅勤務になって時間がかなり増えました。

通勤時間と、出社の準備がなくなっただけで

2時間余裕ができました。

通勤時間に関しては片道ドアtoドアで50分

この時間があれば12キロJOGができます。

出社時業務開始までの時間(9時15分仕事スタート)

5時

5時10分~6時10分 JOG

6時30分 朝ごはん

7時~7時30分 出社準備

7時30分 出社

8時30分 会社到着

在宅勤務時の業務開始までの時間

6時 起床

6時10分~7時10分 JOG

7時30 朝ごはん

8時から仕事開始までニュースチェックや自己啓発の時間

朝1時間多く睡眠でき、業務開始まで勉強ができています。

時間の使い方は在宅勤務のほうがいいと感じます。

在宅勤務のメリット・デメリット

メリット

在宅勤務のメリットは一日が長くなることだと思います。

上のスケジュールからもわかるように時間の使い方は在宅勤務のほうが

有意義に使えていると思います。

出社前にJOGと勉強ができていることは個人の成長にも

つながっていると感じています。

デメリット

デメリットはやはりコミュニケーションがとりづらいことです、

相手の表情がわかりづらいことや、雑談などがないことで

距離感が縮まりづらく、前回ブログに書いた心理的安全性という観点で

支障をきたす場合があります。

やはり表情が見えないというのはコミュニケーションをとりづらくなっていると感じます。

朝やった方がいい

社会人になって感じますが

朝やった方が間違いなくいいです。

業務を一日終えて走るのはかなりしんどいです。

朝にすべて終わらして気持ちよく業務をスタートし

仕事が終わってゆっくりする流れが一番いいと思います。

今回リモートワークになって朝の時間が増えたことは

自分の夢へ投資できる時間ができたと思っています。

早起きは三文の徳

まとめ

今回コロナ禍で気づくことができた働き方、

個人の成長にもつながる

とてもいい発見であったと感じています。

時間は無限ではありません。

一秒を大切に今後も生活をしていきたいと思います。

コメント

  1. うい より:

    2時間は大きいですね、しかも朝!!

    朝は自己啓発のゴールデンタイムですね🥰